私の生活技術(土曜文庫)

私の生活技術
アンドレ・モーロワ(著)中山眞彦(訳)
土曜社

フランス人作家モーロワが「愛」「労働」「老い」など生活における大きなテーマについて、どのように考え向き合うべきか哲学的で詩情豊かでありつつ平易な文章で説明した内容です。
原書は1939刊ですが現代にも通じる言葉の数々は心に響きます。

ーーー 土曜社 紹介文ーーー

心おきなく相手を賛美できるのは、大きなしあわせである
ヒルティ(1891年)、アラン(1925年)、ラッセル(1930年)の三大幸福論のあと、フランス人作家モーロワが1939年に世に問うた第四の幸福論。進学、結婚、昇進、定年など人生の節目に繙きたい「モーロワ箴言集」。

若いうち本を読みあさるのは、ちょうど広い世間に出て行くのと同じで、友を得るためである。しかしいったん、これこそ友とすべきだという人が見つかったら、その人とともに世間づきあいをはなれるべきである

アンドレ・モーロワ André Maurois
1885年、仏エルブフに生まれる。哲学者アランに師事し、小説家・伝記作家として活躍。『フランス敗れたり』『フランス戦線』『初めに行動があった』『パリの女』などの著作が日本語に翻訳されている。1967年永眠、享年82。

発行:土曜社
シリーズ:土曜文庫
体裁:文庫サイズ カバーなし 224ページ
発売日:2016年12月
販売価格 874円(税79円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています