海峡のまちのハリル

海峡のまちのハリル
末沢寧史(文)小林豊(絵)
三輪舎

トルコ伝統の紙つくり職人の孫ハリルと日本の少年たつき。異国の地で出会った二人のささやかで大切な物語。構想10年、絵、文章、出版、印刷、装丁、それぞれの思いが込められ、どこまでも丁寧に作りこまれたた1冊です。

※手作業で表紙を加工しているため、表紙に貼ったシールや切手のデザイン、消印の位置が少しずつ異なります

ーーー三輪舎 紹介文ーーー

「ぼくたちは、このまちで、であったんだ」
20世紀初頭、かつて世界の中心といわれたオスマン帝国が黄昏の時代を迎えていた。その都である〈海峡のまち〉で、トルコ伝統のマーブリング紙〈エブル〉をつくる職人の孫ハリルと日本人の貿易商の息子たつきが出会う。

「エブル」をつくる工房の家に生まれ育った少年ハリルは、周囲の友だちは新設された学校へ行っているのに、工房の親方である祖父のもとで下働きする毎日。一方、日本からやってきた貿易商の息子たつきは、異国の不慣れな土地で折り紙遊びで暇を持て余している。そんなふたりが海峡のまちで出会い、友情を深め、おたがいの感性をとおして、この街に生きる自分を見つめ直していく――。

アジアを描かせたら右に出る者はいない、『せかいいいちうつくしいぼくの村』の絵本作家・小林豊が絵を、その弟子でトルコをフィールドに取材執筆を行なう末澤寧史が物語と文を担当。師弟コンビが、20世紀初頭のイスタンブルを、生き生きと描く。

※手作業で表紙を加工しているため、表紙に貼ったシールや切手のデザイン、消印の位置が少しずつ異なります

著者プロフィール
末沢 寧史 (スエザワ ヤスフミ) (文) ・・・1981年、札幌生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。同大大学院在学中、トルコ共和国ボアジチ大学に留学。帰国後、取材執筆活動を本格的に始める。絵本作家・小林豊のもとで絵本づくりを学び、本作が初の作品となる。

小林 豊 (コバヤシ ユタカ) (絵)・・・1946年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業後、イギリス留学中に画家を目指す。1970年代初めから80年代初めにかけて中東やアジア諸国をたびたび訪れ、その折の体験が作品制作の大きなテーマとなっている。 主な作品に、『せかいいちうつくしいぼくの村』、『ぼくの村にサーカスがきた』、『えほん北緯36度線』、『えほん 東京』などがある。

発行:三輪舎
仕様:縦206mm 横304mm 厚さ11mm 上製 58ページ
装丁・レイアウト:矢萩多聞
印刷:藤原印刷
製本:松岳社
発売日:2021年12月21日
購入数
Soldout