コーヒーと小説 新装版

コーヒーと小説 新装版
庄野雄治(編)
ミルブックス

「コーヒー屋のくせにではなく、コーヒー屋だから作れたちょうどいい小説集」

アアルトコーヒーの庄野雄治さんがコーヒーにあう文学作品をセレクト。太宰治、宮沢賢治、江戸川乱歩、坂口安吾、田山花袋などそうそうたるメンバーが登場します。文庫化新装版に合わせて収録作が2つ増え、12編の名作短編を収録。コーヒーを飲みながらぜひ。

ー−−ミルブックス 紹介文ー−−

古い小説にも造詣の深い、『コーヒーの絵本』の著者で徳島の人気焙煎所アアルトコーヒー庄野雄治が、コーヒーによくあう“すこぶる”面白い小説を厳選しました。現代に生きる私たちにこそ響く、至極面白く、とても読みやすい小説集です。コーヒーを飲みながらお楽しみください。カバー写真には、小説に登場する魅力的な女性たちの象徴として、人気シンガーソングライター・安藤裕子さんを起用。長らく品切れしていた人気書が文庫サイズ、新たな2編を加えた増強新装版で復活!

「コーヒー屋のくせにではなく、コーヒー屋だから作れた、ちょうどいい短編集」
小説は読まなければならないものではない。そこがコーヒーとよく似ている。 どちらも、あってもなくてもいいけれど、あれば生活が豊かになる。だから、小説とコーヒーはよくあうのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

◎掲載作品(掲載順)
「グッド・バイ」太宰治、「桃太郎」芥川龍之介、「水仙月の四日」宮沢賢治、「日記帳」江戸川乱歩、「鮨」岡本かの子、「愛撫」梶井基次郎、「七階の運動」横光利一、「嫉妬する夫の手記」二葉亭四迷 、「野萩」久生十蘭 、「夜長姫と耳男」坂口安吾、「少女病」田山花袋、「忘れえぬ人々」国木田独歩

◎庄野雄治(しょうの・ゆうじ)
コーヒーロースター。徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。2006年徳島市内に「アアルトコーヒー」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。主な著書に『誰もいない場所を探している』『たぶん彼女は豆を挽く』『徳島のほんと』(福岡晃子との共著)『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著)、編書『コーヒーと短編』『コーヒーと随筆』、短編小説集『たとえ、ずっと、平行だとしても』がある。

発行:ミルブックス
カバーモデル:安藤裕子
写真:大沼ショージ
挿絵:木下綾
仕様:文庫版 320ページ
発売日:2021年11月17日
販売価格 880円(税80円)
購入数